歯科で口腔トラブルを予防する

歯科でオーラルケアを受けることで、口臭・歯周病を予防することができます。歯周病が進行する前触れとして口内のベタつきや口臭などがあります。歯を磨いてもすぐに臭うという場合は口内細菌が増えているため、早期に歯科で検査を受けるべきでしょう。オーラルケアの基本はプラークコントロールをして、歯石を発生させないことにあります。歯石が沈着すると歯茎を後退させてしまうので、ブラッシングで予防してください。正しい磨き方は歯科で指導してくれますから、歯周病予防のためにも正しいオーラルケアを学んでおきましょう。30代~40代くらいの年代は口臭が強くなりやすいですが、これには免疫力も影響しています。免疫が低下しやすい年代は、口内細菌が増殖して口臭が強くなりやすいです。毎日のブラッシングを行って、歯垢が溜まらないようにしてください。歯垢を除去するためには、歯周病予防の歯磨き粉の使用もおすすめです。殺菌作用が強いので、歯を長時間ツルツルに維持することができるでしょう。歯科ではオーラルケアとしてマウスウォッシュを推奨するところも多く、歯磨き後の使用をおすすめしています。歯をツルツルにすることで歯垢が発生しにくい状態にしてくれるのです。

↑PAGE TOP