薬で歯周病を治すメリットとは

重度の歯周病の場合、これまでは歯茎を切開する外科的処置をとるのが一般的でしたが、最近では、薬を使って病気の原因になっている菌を取り除くことで症状を改善させる、歯周内科治療が行われるケースも増えてきました。歯周病を薬で治すメリットとしては、薬を使うため、身体的にも精神的にも痛みによる負担が少ないこと、原因菌にピンポイントで働きかけるため、治療開始から終了までの期間が短くて済むことなどが挙げられます。

↑PAGE TOP